プリスクール 短時間コースより 全日制のほうが効果的

プリスクールは幼児教育において最も重要な役割

プリスクールは親のしていなかったことやできなかったことの代わりに補ってさらに小学校への進学の準備期間として役割を果たしています。

多くの親はプリスクールの役割や効果について疑問に思っているかもしれません。

この頃ミネソタ大学の研究によってこの疑問を解けました。プリスクールは子供の成長に最も重要な役割を果たすだけではなく、さらに小学校へ入学の際に子供達に進学の準備をしてくれたことを明らかにしました。

研究によれば、全日制のプリスクールは短時間コースのプリスクールよりはるかに良い効果をもたらしたことがわかりました。

全日制のプリスクールは子供達に学術的な経験を与えるだけではなく、親達には育児から解放されて、時間の有効活用でキャリアや習い事に集中することが可能で、まさにWin-Winの関係です。

広がる学力格差の問題

子供の学力格差についてハーバード大学教育学大学院の研究によれば、黒人やヒスパニックやアメリカ原住民などの少数民族は、白人やアジア系アメリカ人より読解力、数学、語彙などはの学力テストにおいて基準点より下回ることが分かりました。

また、センターフォーアメリカンプログレスのよると、こういった格差は貧困層と比較すると、5歳の子供でも最大15ヶ月の発達遅れが見られるということです。

2012年から2013年にかけて、アーサー・レイノルズ教授が率いるリサーチは、シカゴ地区に11カ所のプリスクールで全日制(7時間、709学童)と短時間コース(3時間、573学童)の内、収入が低いマイノリティを対象に進学の準備度合い及び親の関わりと合いについて調査を行いました。

研究によれば、全日制の学童は社会性集団的行動や言語、数学、健康などいくつの項目も短時間コースの学童より高い数値が得られました。

さらに、全日制の学童は読み書きや認知的能力も高いが、論文ではその差異は大きくないと記しました。

学力格差の広がりは親達だけでは解決することが難しく、その点においてはプリスクールは親達の代わりにその役割を担い、格差の広がりを縮小することを期待できます。

Reference:

  • http://www.medicaldaily.com/early-childhood-education-should-include-full-day-pre-k-prepares-kids-better-school-312152
  • http://www.eurekalert.org/pub_releases/2014-11/tjnj-fpl112014.php
  • http://hepg.org/hel-home/issues/22_4/helarticle/the-school-readiness-gap
  • https://www.americanprogress.org/issues/education/news/2013/11/21/79725/the-school-readiness-gap-preschool-helps-low-income-children-get-ready-for-school/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)