一人遊び子供は賢い

親は子供の遊び、生活に干渉することが子供の成長を妨げる。0歳から3歳子供を持つ親 1,000人を対象に調査を行った。

  • 63%の親は子供と遊ぶことが子供にスキル取得や成長に良いと考えている。
  • 66%の親は子供と遊ぶ時間が足りていないと不感を感じている。
  • 80%の親は常に新しい遊び、活動を子供に与える必要があると。
  • また、子供の遊ぶ時間について、平均5.4時間、その内2.3時間は親と一緒に遊んでいる。

「過去10年に子供主導で遊ぶことがかなり減少していることは最も憂慮すべきと」、Dr. Whitebread, Cambridge Universityが指摘した。「今日子供の生活は昔よりはるかに仕組まれている、様々な研究はこれが子供に無益であることを示している。保護者は子供にガイドラインを出し、自分で守れるように遊ぶことが可能。最も大事なのは遊びは主導的で用意されて仕組まれていないこと。」

「リサーチによって自主規制能力の成長は学業成績や情緒的健全性と関連しており、自主規制能力の発達は子供が主導的に遊ぶ時間と相関関係であることがわかった。」「子供は自分で遊んでいる時は必ずしも人の真似ではない、しばしば彼らは目的であって遊んでいる。」Dr. Whitebreadは子供の経験できる範囲を広げて、保護者と、友達と、そして自分で遊ぶ時間を与えるべきだと。

Reference:

  • http://www.dailymail.co.uk/news/article-2724205/Want-children-learn-Give-time-play-explore-world-says-academic.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)