子供ストレス対処法

「人間にはストレスが不可欠である。これは人間にとって新たな知識を習得する、経験を獲得する、そして挑戦を乗り越えるのに必要な要素だ。子供達にストレスを体験させる必要がある。」

Psychologist Oddgeir Friborg, University of Tromsøは回復心理学の博士号を持っており、精神的の防御及び健康促進に関する要素に専門としている。現代社会において親は子供達に対して過保護気味だと指摘する。

「例えば子供が他の子供と遊ぶことを恥ずかしがったり、臆病だったりする際は、親は子供の背中を押してあげること、時には強く諭す事も必要だ。」

「親は子供の代わりにすべてしてあげることができない。子供達が早期に自分の臆病さ、内気を克服できれば、彼らは自信を持つことが可能で、そしてどんな困難な社会的な状況に置かれても、自ら解決できる。」

「親は子供同士のケンカをやめようとしている。子供の友達同士や兄弟同士のケンカは見守ってあげる。子供達はその争いを自ら解決できる。その過程を経験させてあげる。」

多くの方は子供がみんなの前に話すことを嫌がったら、やめてあげると考えているか?
「それを強く押すべきだ。子供はそれを対応する方法を習得できるのだ。乗り越えれば、対応方法が学べるから。それは将来彼らに待ち構える様々な困難な課題への準備ができたという意味だ。」

「子供達はストレスや困難への対応を習得できなければ、大人になったらストレス耐性や困難を乗り越える力があると思うか?」

「ただし、親達は子供の背中を押すのはいいが、限度があることを忘れないでほしい。子供のストレスへの耐性を強くすることであり、ストレス耐性を壊す事ではない。」

「ストレスへの対応できない子供は不健康な食事を取る傾向が多い。運動しないでアルコールに飲むことも多い。」

「ストレス耐性が強い人は、楽観的、そして学習意欲が増加し、痛みや悲しみを忘りやすく、楽しく人生を謳歌する。」

「ストレスの耐性がない人は学習障害、成長障害、免疫力の低下、そして病気からの回復も遅い。」

Reference:

  • http://sciencenordic.com/stress-good-children
  • http://developingchild.harvard.edu/key_concepts/toxic_stress_response/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)