子育て方程式

ノーベル経済学賞受賞者James Heckmanは0〜5歳幼児教育への投資は最大の利益をもらたし、利益率は株式より高いと言っている。

彼の方程式は、

幼児教育への投資+能力伸ばす+持続効果=人的資本増加

幼児教育への投資は教育と開発資源を恵まれない家庭に等しく提供することで初期の人間能力開発が成功しやすい。

能力の伸ばすは子供の認知能力と社会的スキルの育成が誕生から5歳まで最も重要な時期。

持続効果は幼児教育は成人になってもその効果が続く。

人的資本増加は能力の高い、生産性の高い、そして優秀な市民が次世代のために配当金を支払う。

幼児教育は本当に有効な手段か?

Dr. James Heckmanは計量分析を用いて、Perry School / High Scope、The Carolina Abecedarian Preschool programなどの経年調査のデータを分析してこの結論を出した。
勿論反対派は存在する。彼はこう出張している:Perry School のプログラムは年間19,000ドルがかかる一方、Childcare Center(公営保育所)などは年間3,800ドル。オバマ政権がこのほど幼児教育へ72億ドルの投入はすべて税金(たばこ税上げ)に賄っている。そして、Perry School のプログラムはChildren at Riskの家庭が対象であることから、一般な子供までその効果が波及するかどうかは定かではない。ただ、これらの指摘は個人的な考えが多い。

Perry School のプログラムは既に50年の歴史を持っている。そして50年目の調査は着々と準備が進んでいる。かつでない規模の幼児教育の経年調査は果たしてあったのか?おそらくない。そしてDr. James Heckmanは検証しないでデータを安易に取り上げることは考えにくい。そのため、アメリカ政府のみならず、国際機関であるOECDも幼児教育を推奨している。

Reference:

  • http://www.smartbeginnings.org/Portals/5/PDFs/Research/HeckmanEquation.pdf
  • http://www.childcarewestchester.org/pdf_employers/The_Heckman_Equation_brochure.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)