環境と子供

最初の頃子供達はそれぞれでおもちゃで遊ぶことが多かったですが、今となって仲間意識が生まれ、一緒に遊ぶことや行動することが多く見られます。

特に追いかけっこは良く見られます。

広いスペースがあると、室内でも思い切り走れていいですね。

狭い環境あるいは込み合い環境中でいると、思わぬ悪影響があります。

例えば、対人関係や精神力、やる気、認知能力の成長などに負の影響をもたらします。

過渡密集の空間だと、子供は人を避けて引きこもることがあります。そして、子供の集中力や積極性の低下などの傾向が見られます。

大人にも影響を与えます。例えば、子供との関わりの度合いが低くなり、懲罰的な行動も多く取る傾向が強くなります。これがさらに子供との関係が悪くなり、社会性、精神力、そして情緒の成長に悪影響を及ぼします。

日本の住宅は狭いので、できるだけ子供を公園や広い場所に連れて遊ばせるとよいです。また、お家に鏡や光の反射できる装飾品などを置くと広く感じられます。

保育所や幼稚園もできるだけ広い保育室のある施設を選ぶといいです。

Reference:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)