幼児教育は早ければ早いほうが効果的

最新の脳科学の研究成果によれば、「3歳以下で一定の期間眼帯をしていると弱視になる」など、人間能力の発達には敏感期が存在していることが示されています。

ちなみに3、4歳を対象とした就学前教育であったPerry School / High Scope は、子どもたちのIQを高める効果は小さかったのに対して、生後4か月から幼児教育を行った実験グループでは、子どもたちのIQが高まったという結果が示されています。

このような脳科学の知見も用いてDr. James Heckmanは、3、4歳の時期に適切な教育を受けずに敏感期を過ぎてしまった子どもは、教育投資の効果が小さくなり、学習意欲を高めることは難しく、効果は限定的なものになると考えています。

Reference:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)